ホーム採用情報社員インタビュー > 事務系・ECサイト制作運営

事務系・ECサイト制作運営

はやく自社ブランドの輸出を実現させたい。

富士紡ホールディングス株式会社 快適商品開発部 平成27年4月入社
K.N.最終学歴:外国語学部 英米学科 卒業
趣味:音楽鑑賞 バンド活動(軽音楽) 身体を動かすこと
将来チャレンジしたいこと:ECサイトで自社製品の認知度を向上させたい

  • 英語のスキルが活かせる職場で、しっかりと仕事をしたかった。

    ーNさんの入社の経緯を教えてください。
    N:私の就職先を探すポイントは、繊維関連の会社であること、大学で学んだ英語の能力を活かせる会社であることという二点でした。繊維については学生時代に紳士アパレルでバイトをしていた関係で興味があったんです。ただ繊維といっても幅が広いので最終は女性肌着関連の会社に絞って候補を数社選びました。フジボウはB.V.D.を扱う会社として安心して候補に入れました。実際に面接を進めていくうちに、ほとんどの会社で、英語を使えない部署に配属になっても構わないかと聞かれたんです。唯一、フジボウだけが英語を使って仕事をしてもらいますと言ってくださった。それが最大の決め手になりました。あと、少数精鋭だという説明を受けて、雑務とかではなくて、しっかり仕事をさせていただけるのではないかと思い、最終決断をしました。面接時に時間をかけてしっかり私の話を聞いてくれたのも安心感につながりました。
    ー英語力は実際に仕事を始めて武器になりましたか?
    N:はい。大阪で日本製の繊維製品の輸出に関する貿易実務と海外営業を担当したのですが、輸出については主に米国と韓国が相手です。英語を使ってメールでのやりとりをするのが主な業務なので、英語力を活かしたいと思う私にぴったりの業務でした。
    ー現在はどのような仕事をしていますか?
    N:富士紡ホールディングス株式会社東京本社に異動になり、快適商品開発部という部署でEC事業(インターネット通販)に携わっています。
  • 成長分野に携わる期待感と覚悟。

    ー具体的にどのような仕事ですか?
    N:フジボウには随分前からECサイトがあったのですが、世界的なECの発展に伴い、当社のサイトからの売り上げも伸びています。そして、さらに成長が見込める分野として力を入れていかなければならないということで、この部署に配属されました。将来的にはショップの管理運営を通じて売り上げ拡大を目指すのが目標ですが、実は私、ECサイトの構築なんて初めての経験ですから、今は一から勉強をしている最中です。ありがたいことに、そのための勉強をする学校にも通わせていただいて、期待されていることを実感しています。
    ー転勤など環境の変化に抵抗感はありませんでしたか?
    N:今まで住んでいた大阪の街がとても好きなので、寂しいという気持ちはありましたが、総合職で入社している以上、成長分野である事業に配属されるのは嬉しいことだと感じています。また、勤務地がどこであろうと構わないという覚悟はもともとありましたから、転勤することへの抵抗感はありませんでした。
    ー英語力が必須でない業務でも大丈夫?
    N:グループ内で海外関連のサポートが必要になった時には翻訳・通訳業務のサポートをさせていただいていますので、英語力も発揮できて満足しています。
  • グループ間の垣根が低く互助のマインドが溢れている。

    ー他部署との協力はよくありますか?
    N:これは公式な職務分掌とは違いますが、他部署の方に助けていただくことはたくさんあります。例えば、以前、産学協同開発のスポーツインナーの企画に携わったことがあるのですが、着用試験に向けて作ったサンプルが仕様書と異なって上がってきたんです。サンプルは信頼の置ける海外の事業所に発注したのですがなぜか指示通りに上らない。困り果てて上司に相談してみると、「それならあいつに聞いてみよう」とグループ会社の方を紹介していただいて、その方から海外の現場への指示の仕方のアドバイスを頂きました。そして、その通りにしてみたら仕様書通りのサンプルが上がってきたんです。とにかく、困った!って信号を出せば誰かが寄ってきてくださって、グループ間の垣根を超えてヘルプの輪が広がる。私は、フジボウのそんな社風がとても好きです。だから、お返しに英語で困っていることがあれば、どんどん私に相談して欲しいですね!
    ー仕事上で意識していることは?
    N:報告・連絡です!私ってミスをする人間なんです。だから見落としや思い込みによるミスを避ける為に報告・連絡を大事にしています。また、指示内容は理解できるまでしっかり聞くこと。自分は指示された内容が本当に理解できているのか、しっかり考えて指示を受ければ思い込みによるミスは防げます。あとは笑顔でいることですね。忙しい時でも気持ちが折れないようにしたいです。
  • ひとりひとりを大切にして、色々な機会を与えてくれるのが魅力。

    ー最後にフジボウを志望する学生にメッセージをお願いします。
    N:少数精鋭を掲げているだけあって、色々な機会を与えてくれるのが魅力です。また、フジボウの面接は他社に比べて時間が長く、じっくりと話を聞いてもらえます。入社してからも感じることですが、本当にひとりひとりを大切にしてくれる会社なんです。安心して魅力をアピールしてください。

用語解説

B.V.D.
140年の歴史を誇るアンダーウエアのアメリカンブランド。日本でも高い人気を誇り株式会社フジボウアパレルの主力商品となっている。近年ではレディス向けインナーも扱っており、快適な着け心地でスポーツ用途などで高い評価を得ている。
少数精鋭
フジボウグループが信条とする採用方針。かつての紡績のようなマスプロダクツを前提とした大きな組織ではスピードが求められる時代に即応することが難しい。各部署とも、なるべく少ない人員で意思決定のスピードを速めることに主眼を置いている。

Personality

色々な知識を得たい。もっと力をつけたい。

はやく実力をつけて一人でECショップ運営ができるようになり、自社ブランドの認知度をあげたいという。プライベートでの目標は、マイクロソフト・エクセルの資格を取ること。別にその資格でどうこうしようということはなく、ただ単に、「エクセルを使えばこんなすごいことができるんだ!」という好奇心によるもの。知りたい、成長したいという欲求が彼女の最大の力であり、新規事業を軌道に乗せてさらなる発展を目指す、これからのフジボウが最も必要とする要素でもある。

あなたの決断を期待します。

エントリーはこちら

▲ページの先頭へ戻る