ホーム採用情報社員インタビュー > 技術系・製造

技術系・製造

更に成長をして、会社の発展に寄与したい。

柳井化学工業株式会社 製造部製造課 平成24年4月入社
K.M.最終学歴:大学院 理工学研究科 物質化学専攻 修了
趣味:食べ歩き 旅行
将来チャレンジしたいこと:新規製品の獲得

  • これからも変革を続けていく技術力のある会社だと感じた

    ーMさんの入社の経緯を教えてください。
    M:就職活動中に調べている会社の中で、技術力があって将来性があるなと感じたことが決め手でした。私が入社する数年前までは赤字会社だったようですが、100年を超える事業の中で培った技術を応用して研磨材の事業を立ち上げ、それを成功させたという部分に、これからも同じように成長していける会社なのではないかなという期待感がありました。
    ー研磨材事業に配属されたかった?
    M:いえ、特にそういう訳ではありませんでした。漠然と将来性に期待したという感じです。富士紡ホールディングス株式会社に採用される以上は、どのような事業に配属されるかわからないと思っていましたし、別にどんな事業分野でもやっていく自信はありました。結果、化学工業品事業に配属されたのですが、学生時代に研究した内容に近い職場に配属された訳ですから、ある意味、よく私のことを見ていてくれているのだなと感謝したくらいです。
    ーフジボウに入社して、入社前とのイメージに違いはありましたか?
    M:入社したら想像以上に体育会系でした。いわゆる理不尽とかしごきとかじゃなくて、入社して間もない頃から仕事をぽーんと任されてやってみなさいという感じです。「好きにやっていいよ、迷ったら相談しろ。責任は上司である俺がとってやるから」。そう言われたらもう、やるしかない。幸い、私も自分で考えて自分なりのやり方でやるのが好きなので、この体育会系的な雰囲気はありがたかったです。もちろん、何もかも指示されるよりはしんどいのですけどね。ただ、一通りの仕事をこなしてしまうと、あとはそんなに悩む必要がなくなりますので、今では良い意味でリラックスして仕事に向き合えていると思います。
  • 直ちに仕事にとりかかる、スピード感が強みになる。

    ー現在の仕事について聞かせてください。
    M:顧客からの生産依頼を受けて、見積りの作成、原料の発注、製造設備の切り替え、作業員への教育、生産時の工程管理、製品出荷の手配などを手掛けています。つまり、ひとつの製品について受注から納品まで、すべてを管理しているという感じですね。
    ー製造部なのに営業もする?
    M:します。うちの会社の強みはスピード感なんです。そもそも、顧客にとって安定的に大量生産が必要な案件は顧客が自社で大規模に処理します。私たちが請け負うのは、これから製品化する研究中の案件、もしくは製品化をしたものの、まだ軌道に乗るかわからないといった案件ばかりでスピードが求められる。そのような案件の中、営業が話を聞いて製造に伝えるという段取りを踏んだのではどうしても時間的なロスが発生します。私たち製造が直接顧客と打合せをして、直ちに作業に取り掛かる即応性が必要という訳です。私たちは製造職ですが、製造のことだけを考えていてはダメ。顧客とコミュニケーションをとって信頼関係を築き、現場の作業員ともしっかりと意思疎通を図らなければなりません。
    ー仕事上で特に気を付けていることは?
    M:私の指示ひとつで事故が起こること、作業員に怪我を負わせる危険性があることを念頭においています。私は学生時代に物質化学を専攻していたので、ある程度の有機合成の知識がありますが、現場の作業員はそのような勉強をしてこの職に就いた訳ではありません。今自分が扱っている薬品がどういった性質のものなのか全く知らない場合がほとんどです。薬品を取り扱うときの注意点、混ぜる手順など、正確にかつ分かりやすく指示を出さなければなりません。また、現場の作業員のほとんどは自分よりも年上で、父親と言ってもいいくらいの年齢の方もいらっしゃる。職務上は私が上なんですが、人間ってそういった上下関係では納得できないものだと思うんです。やっぱり、若造から上から目線で話をされると気持ちよくない。たとえ作業の是正を伝えるときでも、相手に気持ちよく感じてもらえる会話を心がけています。
  • 粘り強く丁寧に仕事に向き合い、対話を重視する。

    ー今までの最大のピンチは?
    M:自分が担当した製品の品質規格を満たさず製品化できないという案件がありました。何度も作業を繰り返し、作業手順が悪いのか、装置に問題があるのか、作業員が作業手順を誤ったのか、いろいろ検証したけれども原因がわからない。顧客にも立ち会ってもらい検証した結果、最終的に原料に問題があることをつきとめました。顧客とも険悪な雰囲気になるなか、なんとか原因をつきとめて事なきを得たという苦い経験でしたが、粘り強く丁寧に検証を進めて、対話に努めることが大切だという、とてもよい経験ができたと思います。
    ーこれからチャレンジしたいことは何ですか?
    M:まずは、直属の上司の仕事を引き継ぎたいですね。上司はすでに年配で数年後には退職されますが、上司の担当している仕事は年間売上の多くを占める重要案件なので、早く引き継いでまわせるようにならないといけないと思っています。それから、新規製品や新規顧客を獲得して、さらに会社の発展に寄与したいと考えています。
  • 人生そのものを楽しむ気概を持って。

    ー最後にフジボウを志望する学生にメッセージをお願いします。
    M:仕事は決して楽じゃない。でも、その中に楽しみを見つけて頑張っていける、そんな力が必要です。そして仕事ばかりじゃなく、遊びも含めて人生そのものを楽しむ、そんな気概で頑張ってもらえればいいと思います。

用語解説

有機合成
単純な有機化合物を組み合わせて、複雑な有機化合物を生成する。組み合わせの順番で、目的の合成物を生成することができる。柳井化学工業株式会社は、大手化学メーカーからのオーダーで有機化合物を生成する化学工業品事業を展開しており、堅調に利益を生み出している。
品質規格
柳井化学工業株式会社の業務は、顧客から示された手順に正確に従って顧客の求める品質をクリアすること。そのためには徹底した品質管理と厳しい製品検査が欠かせない。そのような管理体制のもと、素早く品質規格を満たした製品を納入することによって多くの顧客から多大な信頼を頂いている。

Personality

仕事も大事。遊びも大事に。

どんな仕事もこなしてやる、そんな意気込みと遊び心は似ている。

目下の趣味は食べ歩き。美味しいモノとお酒を探しに行くのが休日の楽しみ。将来は世界遺産検定をとって海外旅行に行きたいというから随分の凝り性。学生時代はバスケットボールに打ち込み、研究・バイトすべてをこなすアクティブな学生だった。正直、仕事はしんどいと言う。でも、どのような職種でもしんどくない仕事なんてないと思うし、しんどい仕事の中にも楽しみがみつけられるようでないとダメだと言い切る。究極の遊び心を持つ彼の笑顔は温かく魅力的。

この社員が働くフジボウグループ会社は

柳井化学工業株式会社

医薬・農薬の中間体および機能性化学品などの製造を受託している、フジボウグループのなかでも特に業績の伸びが著しい優良事業会社。

あなたの決断を期待します。

エントリーはこちら

▲ページの先頭へ戻る